物流業界と吉川グループ
ほんとの物流業界

物流業界は、物流のイメージからトラックなどによる輸送業務を中心とした職業と思われていたり、労働環境・作業内容が「きつい・汚い・危険」という3K業界であると思われていたりします。
吉川運輸では、物流業界で働こうとする人たちに、物流業界に対する正しい知識をもってもらうために、現在の物流業界で行われいることや物流業界の最新の取り組みを紹介したいと思います。

vol1. Third Party Logistics
サードパーティーロジスティクス

サードパーティーロジスティクスとは、企業の物流業務の全体や一部を、第三の企業にアウトソーシングする物流業務形態で、略して3PLとも呼ばれています。生産者などの荷主は、本業ではない物流業務を、インフラとノウハウをもった物流の専門業者にアウトソーシングすることによって、高品質で低コストな物流業務を実現できるだけでなく、本業に集中することができるようになります。

サードパーティーロジスティクスは、荷主に対して総合的な物流改革提案を行い、総合物流システムの企画・設計・運営・管理までを、荷主の物流部門となって長期的に行うトータル・ロジスティクス・サービスです。

  • 陸路・航路・空路による荷主からの製品を荷受し、倉庫などへの貨物輸送による配送を行う。
  • 倉庫・物流センターなどにおいて、製品の仕上工程などの業務にあたる製品の製造・加工を行う。
  • 製品の品質と数量をチェックし、製品の品質劣化を防ぐ確実性と信頼性の高い保管を行う。
  • 出荷指示に基づいて、配送先ごとの多品種・小ロットに対応した商品の仕分・梱包を行う。
  • 配送スケジュールを管理・確認し、生活者に向けて大切な商品の安全で確実な出荷・配送を行う。